飾っておいておむつは使用できるのか

おむつケーキを出産祝いで頂いたら、どの位の期間飾っておくものなのか知っていますか?

人気の高いおむつケーキ通販のショップなどで確認すると、使用している紙おむつやデコレーションに使用されたベビー服のサイズが大体月齢6ヶ月の赤ちゃん用のものなので、実際の赤ちゃんの体重などにもよりますが、そこを目安に開封するのが良いのではないでしょうか。

となると飾っておく期間は3ヶ月位が適当かと思います。あまり長く飾っておくとサイズが小さくなってしまう恐れがあります。

おむつケーキを選んでいると、人気のあるものは本当にかわいらしく凝ったデコレーションが施されていて、ずっと飾っておきたい、崩してしまうのがもったいないと思うこともありますが、実際に紙おむつやベビー服などを使ってもらうことが目的なので、ぜひ開封しましょう。

紙おむつを飾っておくと、日本のように湿気の多い地域では自然に湿気を吸ってしまい、おむつのおしっこサインの色が付いてしまったり、おむつ自体がふくらんでしまったりして、実際に使えないのではという心配もあるかもしれませんが、最近はおむつの個包装など衛生面での厳しい基準を設けているようなので、安心しておむつケーキを購入、贈答することが出来ますよ。

ますます人気の高まるおむつケーキは、出産祝いでお悩みの方に一押しのアイテムだと思います。

 

 

おむつケーキの衛生面について

おむつケーキは飾った後、実際に使用することの出来る実用性も兼ね備えた人気のある出産祝いアイテムですが、人によっては他人が触った紙おむつを自分の赤ちゃんに使用するのはちょっと、と敬遠する方もいるかもしれません。

しかも最近の紙おむつは吸水性に優れていて、日本のように多湿の気候ではおむつが湿気を吸ってしまい、おしっこサインの色が変わってしまったりおむつが膨らんでしまって、実際使おうと思った時に使えなかったということもあるようです。

そこでおむつケーキの通販ショップなどでは、おむつケーキを作る時にそういった衛生面に考慮した手順を踏んでいるそうです。

まず、使用する紙おむつには直接手を触れないように手袋やマスクを付けて作業をすることや、おむつをひとつずつ個包装、密封してからケーキの形に丸めたりしてホコリが付いたり湿気ないようにすることなどを注意して行っているそうです。

赤ちゃんが使用するものですから、贈る側もこの点はきちんとチェックした上で、おむつケーキを選んで購入したいものですね。

おむつケーキの人気も、衛生面の問題があって下がってしまったとなっては、せっかくの出産祝いの定番アイテムになりつつあるのに、台無しになってしまいかねません。

今まで敬遠していた方たちにも、大丈夫と思ってもらえるような取り組みを引き続きしてもらいたいです。そうすれば更に人気が高まると思います。

 

 

実用的なデコレーション

観賞用と実用的な部分を兼ね備えた出産祝いで人気のおむつケーキですが、実は外側のデコレーション部分も実用性があるのです。

それは、おむつケーキのデコレーションをする場合、ベビー服やガーゼ、スタイなどで紙おむつをくるみ、ラトル(ガラガラ)やぬいぐるみなどを乗せて仕上げていますので、全てがただの飾りでなく使えるものでムダなく作られているのです。

そのひとつひとつが贈る人のセンスで自由に組み合わせることが出来るので、手作り感もあってとてもぬくもりのあるお祝いの品として人気があるのでしょう。

私がオリジナルのおむつケーキをデコレーションするとしたら、ベビー服も良いのですが、もう少し赤ちゃんが大きくなった時に、ママが何か作ってあげられる布地でくるんであげたいなと考えています。

ママが子供に手作りの洋服や小物を作ってあげることは、子供にとってとても嬉しいことだと思うので、ぜひママに実践してあげて欲しいと思ったからです。

また、おむつケーキの上に乗せるものとしては、布地と一緒に使って欲しいアップリケなどを入れたいなと思います。

手作り感のあるおむつケーキをほどいた後にもう1度ママの手で手作りしてあげられる布地とアップリケのデコレーションはいかがでしょうか?もし商品化されたら人気が出てくると嬉しいです。